hitoeトランスミッターの通信方式と連続使用時間

C3fit IN-pulseに付属していたhitoeトランスミッターの設定を指定ました。Bluetooth機器の設定にはペアリングという機器同士の接続を対応づける作業が必要ですが、hitoeトランスミッターは通信にBLEを利用しているため、ペアリングは必要ないかわりに接続前に機器IDを指定する手順が必要です。Bluetoothのペアリングは、いつの間にかペアリング情報が消去されているようなトラブルもあったので、この構成のほうが接続に関するトラブルが少ないかもしれません。

BLEはBluetooth Low Energyの略で、その名の通り低消費電力で動作することが可能です。hitoeトランスミッターの場合は40時間以上の連続使用が可能のようです。

参考:FAQ | 心拍計を着る C3fit IN-pulse | ハイパフォーマンスのスポーツウェアC3fit

サンテPC 12mL

ここ数年はスマイルピットドライアイを使っていました。

【第3類医薬品】スマイルピットドライアイ 13mL

【第3類医薬品】スマイルピットドライアイ 13mL

スマイルピットドライアイに不満があったわけではないのですが、新しいものを試してみようと思い、パッケージの感じもよかったサンテPCを購入してみました。

【第2類医薬品】サンテPC 12mL

【第2類医薬品】サンテPC 12mL

ASICSのビジネスシューズ RUNWALK 外羽根プレーントゥ

何年か前にClarksのビジネスシューズを購入していました。スーツをあまり着ないこともあって、ずっとそれを履いていたのですが、さすがに買い替えのタイミングになってきました。

靴底が革張りの本格的なシューズも検討したのですが、以前からアシックスのRunwalkというシリーズに興味があったので、この機会に購入してみました。

[ランウォーク] RUNWALK 外羽根プレーントゥ R318J B(ブラック/26)

[ランウォーク] RUNWALK 外羽根プレーントゥ R318J B(ブラック/26)

革は少し固めの感じでした。着地した感じは、ランニングシューズとまではいきませんが、適度なクッション性があって、いい感じでした。

HEART BEAT MUSIC (C3fit IN-pulse)

大学の研究プロジェクトでC3fit IN-pulseを購入しました。これはシャツを着ることで心拍が測定できるもので、hitoeというNTTの技術を利用しています。

トランスミッターという小型の装置をシャツに取り付け、そのトランスミッターがスマートフォンにデータを送信します。

C3fitはゴールドウィンのブランドです。

心拍を測定するIN-pulseだけでなく、様々な商品が発売されています。体を引き締めるようなもので、本格的にスポーツやるような人が対象のようです。

(シースリーフィット)C3fit Vネックロングスリーブ 3F03100 ブラック K L

(シースリーフィット)C3fit Vネックロングスリーブ 3F03100 ブラック K L

(シースリーフィット)C3fit パフォーマンスロングタイツ(MEN'S) 3F09120 K ブラック L

(シースリーフィット)C3fit パフォーマンスロングタイツ(MEN'S) 3F09120 K ブラック L

こういうハーフタイツは、バスケの選手が利用していますね。

(シースリーフィット)C3fit パフォーマンス ハーフタイツ MEN'S 3F09121 K ブラック XL

(シースリーフィット)C3fit パフォーマンス ハーフタイツ MEN'S 3F09121 K ブラック XL

aptパッケージを利用しないでDebianにPassengerを導入する方法

ApacheRailsを連携するPassengerを導入する際、公式ドキュメントにはaptパッケージのlibapache2-mod-passengerを利用する方法が記載されています。しかし、このパッケージを利用してしまうとRubyGemsのバージョンの問題など、いろいろと苦労することになりそうです。

以下の方法がよさそうです。

まずRubyGemsでPassengerをインストールします。

$ sudo gem install passenger

以下のコマンドでPassengerをApacheのモジュールとしてインストールします。

$ sudo passenger-install-apache2-module

次にPassengerモジュールをApacheに登録するために、以下のように2つのファイルを作成します。ファイルに記載するそれぞれのPATHは、さきほどのコマンド実行時に出力される内容を参考に変更してください。

  • /etc/apache2/mods-vailable/passenger.conf
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/2.2.0/gems/passenger-4.0.58
PassengerDefaultRuby /usr/local/bin/ruby
  • /etc/apache2/mods-vailable/passenger.load
LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/2.2.0/gems/passenger-4.0.58
/buildout/apache2/mod_passenger.so

最後にa2enmodでモジュールを有効にして、Apacheを再起動します。

$ sudo a2enmod passenger
$ sudo service apache2 restart

これでPassengerが利用できるようになりました。

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-10RNC

ノイズキャンセリング機能のあるヘッドホンを探していて、カカクコムなどの情報を参考にして、以下の機種を購入しました。

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-10RNC

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-10RNC

以前はヘッドホンを使っていたときもありましたが、それ以降はイヤホンを使うことがほとんどでした。久しぶりにヘッドホンを使ってみると、イヤホンよりも楽だし、つけている感じはいいです。ただ、持ち運びが少し大変ですが、このヘッドホンは折りたたみもうまく設計されていて、付属のケースに収めてみると、思ったよりもコンパクトになりました。

AndroidでToastを画面中央に表示する方法

AndroidでToastを画面中央に表示したいことがありました。以下のようにsetGravity()で表示位置を指定することができました。

import android.widget.Toast;
import android.view.Gravity;

Toast toast = Toast.makeText(this, "Processing...", Toast.LENGTH_SHORT);
toast.setGravity(Gravity.CENTER, 0, 0);
toast.show();

参考:[Java] [Android] Toastの表示位置を変更する